本文へジャンプ

しが子ども体験活動実践交流会

更新日:2018年2月22日
 地域において子どもの体験活動や青少年教育を支援する者が集まり、事例発表や意見交換等を通して、子どもの体験活動の充実等について協議することを目的として開催しています。

しがこども体験活動実践交流会のようす

平成29年度 しがこども体験活動実践交流会 開催報告

    〜子どもの体験活動や青少年教育に関わる機関・団体等を対象に、事例発表や意見交換等を通してネットワークを構築し、子どもたちの体験活動の充実や活性化を図るとともに、各機関・団体の連携を推進することを目的として実践交流会を実施しました〜


     2月1日(木)、滋賀県庁東館7階大会議室において、「しがこども体験活動実践交流会」を開催しました。90名の参加者があり、事例発表<1>として、南笠東まちづくりセンターの宇野千智さんより「通学合宿等地域での子どもの体験活動」の取組、事例発表<2>として、ぼてじゃこトラストの武田繁さんより「しがこども体験学校」事業実施団体の取組について、地域全体で子どもを育てるヒント、子どもの体験活動の重要性などをそれぞれお話しいただきました。
     その後、「アピールタイム」でグループ毎に情報交換をしたり、事前に選んでいただいたテーマをもとに、60分間のグループ討議を行いました。

    ワード形式 平成29年度 しが子ども体験活動実践交流会 開催報告(PDF形式)

しがこども体験活動実践交流会 開催報告

△ ページのトップへ