本文へジャンプ

「地域の力を学校へ」推進事業の実践例 菩提寺北小学校PTA6年生 × 大阪ガス株式会社「温暖化を防ごう―地球環境問題のエネルギーセミナー―」

掲載日:2009年7月13日

教科等 : 総合的な学習の時間 ‥

「温暖化を防ごう ― 地球環境問題のエネルギーセミナー―」  ( 湖南市立菩提寺北小学校6年生 )

講師 : 大阪ガス株式会社 ( 平成21年6月30日 )

 4月に学校支援メニューを見てくださった菩提寺北小学校PTAの方から、「保護者とのひびきあい活動を考えています。企業の方に来ていただきたいのですが、内容を詳しくお聞きしたいです。」とご相談がありました。
 ご希望のメニューについてや日程等いろいろお話した後、自然・環境分野でメニューをお持ちの大阪ガスにお聞きしたところ、快く受けてくださり、連携が実現しました!


授業 :

 今回のひびきあい活動では、環境問題について子ども達と一緒に勉強していきたいという思いで、計画されました。

1.「地球温暖化問題とエネルギー」
2.「地球に優しいエネルギー」
のテーマで、ビデオを見ながら説明をしてくださいました。

1.「地球温暖化問題とエネルギー」
 地球温暖化については気温や気候の変化、氷河の融解、海面の上昇(このままだと、ツバルという国が沈むのではないかという)例、化石燃料の消費による温暖化などについて、グラフや写真でわかりやすくお話をしてくださいました。

2.「地球に優しいエネルギー」
 まず、現在の化石燃料、自然エネルギー、天然ガスの説明をしてくださり、天然ガスと他のエネルギーとの比較をされました。
 天然ガスは、燃やしたときの二酸化炭素の少なさ、運搬時の体積の少なさ…など、自然に優しいという良さがあるということでした。
 そこで、地球にやさしいエネルギー「天然ガス」の性質を、マイナス196℃の冷熱実験で体験しました!

〈冷熱実験…マイナス196℃の世界〉

  • 容器に液化天然ガスを注ぐ。

 皆さんは、次のモノをマイナス196℃の世界(液化天然ガス)に入れると、どうなると思いますか?

実験

  • ハンカチを入れたら… 
  • 風船を入れたら… 
  • ゴムのボールを入れて落としたら…

結果

  • ハンカチを入れると… → 変わらない。すぐに蒸発する。
  • 風船を入れると… → 縮んで → もどる。
  • ゴムのボールを入れて落とすと… → 粉々に割れる。

 固体や食べ物を粉々にするのは難しいそうですが、すでに瞬間冷却により香りや味の(風味)をつける飲食料が売られており、この冷却技術が使われているとのことです。

 実験中は、「おー!すごい!!」「へー!」という声が子ども達からも保護者からもやみませんでした。

 「少しでもエネルギーに関心を持って、より自然に優しいエネルギーを使うように、省エネに心がけてほしいです。」という講師の思いを、日常の生活で思い出してくださいね!

△ ページのトップへ