本文へジャンプ

「地域の力を学校へ」推進事業 平成22年度 学校支援の実践例

掲載日:2010年11月18日
連携授業のようす

テーマ

環境学習「地球環境問題とエネルギーセミナー」

学校・園名

大津市立志賀中学校1年生

講師

大阪ガス株式会社

日付

平成22年10月26日

教科等

総合的な学習の時間

授業

連携授業のようす

『地球温暖化問題とエネルギー』
 地球温暖化の原因は、二酸化炭素などの温室効果ガスが増えたことによります。産業の発達で、石油や石炭が多く使われたため、二酸化炭素が増えました。それによって引き起こされている気温や気候の変化(この100年間で平均気温は0.7度上昇している)、氷河の融解(ヒマラヤ山脈の氷河の衰退)、海面の上昇(20世紀を通じた海面水位は、平均約17センチメートル上昇している)、異常気象(先日の奄美諸島の豪雨について)などの例を、講師の方は、動画やグラフ、写真などでわかりやすくお話をしてくださいました。

『地球温暖化実験』
 密閉カプセルに入った2つの地球儀を用意し、最初にそれぞれの中の温度を測る。一方はそのままで、もう一方には二酸化炭素を入れ、それぞれに光(太陽の代わり)を当てる。しばらく時間をおき、再度それぞれの中の温度を測る。
<結果>
 二酸化炭素を入れた地球儀のカプセルの中が約0.7度高かった。

『地球に優しいエネルギー 天然ガス』
 現在の化石燃料、自然エネルギー、天然ガスの説明をしてくださり、天然ガスと他のエネルギーとの比較をされました。
 天然ガスは、燃やしたときの二酸化炭素の少なさ、運搬時の体積の少なさ…など、自然に優しいという良さがあるということでした。
 そこで、地球にやさしいエネルギー「天然ガス」の燃焼させる以外の用途での性質を、マイナス196℃の冷熱実験で体験しました!

『冷熱実験…マイナス196℃の世界』
 容器に液化天然ガス(液体窒素)を注ぐ。そして、いろいろな物をマイナス196℃の世界(液化天然ガス)の中に入れ、その後取り出す。
<結果>
乾いたハンカチを入れると… → 変わらない。(すぐに蒸発するため)
風船を入れると… → 縮んで → 取り出すと元にもどる。
ゴムのボールを入れて床に落とすと… → 粉々に割れる。

 固体や食べ物を粉々にするのは難しいそうですが、瞬間冷却を利用して香りや味の(風味)をつけることができるため、すでにこの冷却技術が使われている飲食料が売られているとのことです。

『身近な生活での省エネ』
 最後に、エネルギー環境3択クイズがあり、みんなで挑戦しました。
例:牛乳パックをリサイクルして紙を作ることができます。トイレットペーパー1本を作るには、1リットルの牛乳パックが何枚必要でしょうか? など。

 講師の方は、「少しでもエネルギーに関心を持って、より自然に優しいエネルギーを使うように、省エネに心がけてほしい。」とおっしゃっていました。

感想

生徒の感想 【大津市立志賀中学校の生徒より 】

  • 温室効果ガスが増えると、地球温暖化が進むことが分かりました。これからは、むだなエネルギーを使わないようにしようと思いました。(むだな電気は使わないようにしようなど。)
  • 最後におっしゃった省エネでできることを、心がけてやってみようと思いました。実験など、楽しく分かりやすくできてとても良かったと思います。
  • 地球温暖化が私たちの知らないところで進んでいることが分かりました。地球温暖化を防ぐためにはコツコツとがんばらないといけないと思いました。これからはしっかりと節約して、エコでいきたいと思います。
  • 今のままでいくと、今後も温度が上がること、また、石油もこのままだとあと41年しかもたないことにびっくりしました。
  • 今、地球は色々な問題を抱えていること、環境問題のことがよく分かりました。地球温暖化の原因や対策も分かったので、それを日常に生かしていきたいです。
  • 僕は地球を汚しているつもりはないけど、汚していることが分かりました。あれほど簡単だなと思うことをすることで、二酸化炭素の削減につながるなら、どんどんやっていきたいです。とても勉強になりました。
  • 二酸化炭素の実験や天然ガスの実験をして楽しかったです。液体窒素につけたボールを落としたら割れてしまったのでとても驚きました。
  • 実験によって、二酸化炭素が多い方が、温度が上がることが分かりました。また、天然ガスを液体化できるのがおどろきでした。液化窒素の実験や地球の模型をつかった実験は、とてもおもしろく分かりやすかったです。
  • 天然ガスは環境に良いということを知りました。今日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。とても分かりやすいお話だったのでとても理解が早かったです。

学校・園の感想 【大津市立志賀中学校の先生より】

 環境学習の一環として、今回大阪ガスさんに出前授業をしていただきました。講義はパワーポイント、ビデオを活用して行われ、合間に演示実験を入れてもらう形で行われました。この内容のおかげで、生徒たちも集中して環境について学ぶことができたと感じています。省エネルギーの重要性も内容に含まれており、生徒たちはすぐに学校生活の中で自分たちにできることを実践しようとしていました。非常に有意義な学習となりました。ありがとうございました。

講師の感想 【大阪ガス株式会社の方より】

 地球環境について、一人ひとりが意義をもって考えてもらえるきっかけになれば、こんなにうれしいことはありません。
 二酸化炭素を減らす努力、ゴミを出さない日頃の心がけひとつで、自分の周りの環境を少しでも良くしていけると生徒さんたちが思える授業を、今後も進めていきたいと思います。ありがとうございました。

生徒たちへのメッセージ

 自然の影響は、私たちにも多大な影響を与えます。琵琶湖の自然の中で育った生徒さんたちは、実感されていることでしょう。皆さん、美しい自然を守って、また、環境を美しく保っていくことを、これからも実践していってくださいね。

平成22年度実践例の一覧ページへ
△ ページのトップへ