本文へジャンプ 「地域の力を学校へ」推進事業
地域の人々や企業・団体・NPO等が、学校を支援する仕組みづくりを推進!
しが学校支援センター
TEL 077-528-4654
FAX 077-528-4962
「地域の力を学校へ」推進事業ホーム「学校支援メニュー」一覧学校支援の実践例しが学校支援センター学校支援メニューフェア動画登録をお考えの方へ


「地域の力を学校へ」推進事業 『「学校支援メニュー」一覧』

更新日:2015年3月19日
機関・施設・団体名 滋賀地震防災市民ネット
テーマ 地震と防災についての学習
対応できる主な内容 地震と防災の学習を通して、いのちの大切さや思いやりの気持ちを育む授業を小学生高学年、中学生を対象に実施します。
授業では、楽しく活き活き学ぶ、児童・生徒自身が気づき考える、自分の問題としてまとめ発表する、家族と一緒に考える、こんなことを心がけ、先生方とご相談しながら手作りの授業でお手伝いします。
・起震車体験
・阪神淡路大震災の被災VTR視聴 震度とマグニチュードなど
・地球の構造と地震発生機序
   プレート型と活断層型について VTR視聴
・滋賀県と地震 琵琶湖西岸断層帯地震について
・膳所断層の見学
   想像しよう、もし膳所断層が動いたら (紙芝居)
・自分の部屋の安全点検
   家具の倒壊実験VTRの視聴と宿題・発表
・みんなで考えるクイズ 地震が起きたときどうする
   防災いろはかるたで学ぶ 地震への備え
・工作と実験 地震に安全な家
・地震の時、何ができるか みんなで考えよう
   被災体験作文を読んで
・街中探検 通学路の安全点検
・ハザードマップの作成
対象 小学生、中学生
対応教科等 総合的な学習の時間、理科
形態 出前授業
土曜授業
謝金等 不要
旅費(講師・スタッフ) 不要
備考 使用する教材の例
 ワークシート(手作りのテキストを準備)、図・表・絵など手書きの模造紙、VTR・写真・新聞、紙芝居・防災いろはかるた、紙ぶるるなど種々の小道具、クイズ・ゲーム、被災体験の作文など

具体的な授業の例
 (実施可能な時間枠により内容の変更は可能です)

◎実践例の一部を御覧ください。
PDF形式 地震と防災についての学習
学校支援センターが
コーディネートした
連携授業(H29以降)
校種・学年 教科等 テーマ
平成29年度
小学校4年生 総合的な学習の時間 「地震と防災についての学習」
分野 安全・防災

まずは滋賀県教育委員会事務局生涯学習課“しが学校支援センター”までお問い合わせください。 
電話:077-528-4654  E-mail:ma0601@pref.shiga.lg.jp


△ ページのトップへ