本文へジャンプ 「地域の力を学校へ」推進事業
地域の人々や企業・団体・NPO等が、学校を支援する仕組みづくりを推進!
しが学校支援センター
TEL 077-528-4654
FAX 077-528-4962
「地域の力を学校へ」推進事業ホーム「学校支援メニュー」一覧学校支援の実践例しが学校支援センター学校支援メニューフェア動画登録をお考えの方へ


「地域の力を学校へ」推進事業 『「学校支援メニュー」一覧』

更新日:2020年2月20日
機関・施設・団体名 JICA関西(国際協力機構関西センター)
テーマ JICA海外協力隊活動体験談および国際理解ワークショップ
対応できる主な内容 JICA海外協力隊(青年海外協力隊、シニア海外協力隊、日系社会海外協力隊)は、開発途上国約80ヵ国で、自らの経験と技術を活かして、「現地の人々とともに」をモットーに、現地の言葉を話し、ともに生活し、国づくり、人づくりのための仕事をしています。

日本では情報の少ない開発途上国の日常や豊かな文化などの紹介、協力隊活動へのきっかけや思いなど、現地での写真や生活用品、民族衣装、民族音楽、現地の料理などの紹介や体験をとおして、協力隊体験談をお伝えします。

また、講師によっては、講義形式だけでなく、ワークショップ形式で、世界の様々なトピック(SDGs、紛争、保健、環境、経済、教育、人権、貧困など)を扱うことも可能です。
対象 小学生、中学生、高校生、一般
対応教科等 社会、英語、道徳、総合的な学習(国際理解、人権学習、平和学習)、家庭、特別活動、キャリア教育
形態 出前授業
土曜授業
謝金等 要(応相談)
旅費(講師・スタッフ) 要(応相談)
備考 ホームページ
独立行政法人 国際協力機構「JICA関西」

◎実践例の一部を御覧ください。
PDF形式 「国際理解教育」
学校支援センターが
コーディネートした
連携授業(H29以降)
校種・学年 教科等 テーマ
令和元年度
小学校6年生 総合的な学習の時間 「JICAボランティア活動体験談および国際理解ワークショップ」
平成29年度
小学校6年生 総合的な学習の時間 「JICAボランティア活動体験談および国際理解ワークショップ」
分野 福祉・人権・国際理解

まずは滋賀県教育委員会事務局生涯学習課“しが学校支援センター”までお問い合わせください。 
電話:077-528-4654  E-mail:ma0601@pref.shiga.lg.jp


△ ページのトップへ