本文へジャンプ 「地域の力を学校へ」推進事業
地域の人々や企業・団体・NPO等が、学校を支援する仕組みづくりを推進!
しが学校支援センター
TEL 077-528-4654
FAX 077-528-4962
「地域の力を学校へ」推進事業ホーム「学校支援メニュー」一覧学校支援の実践例しが学校支援センター学校支援メニューフェア動画登録をお考えの方へ


「地域の力を学校へ」推進事業 『「学校支援メニュー」一覧』

更新日:2020年1月31日
機関・施設・団体名 滋賀県立陶芸の森/世界にひとつの宝物づくり実行委員会
テーマ やきもの体験 つちっこプログラム(出張)
対応できる主な内容

学校・美術館・文化ボランティア・陶芸家たちと連携しながら、やきものづくりの楽しさ、不思議、陶芸の森を広く知っていただくことを目指し、県内各地の学校や特別支援学校への出張授業を進めています。

<プログラム内容の例>
・土で遊ぼう!
・土面をつくろう!
・願いを込めたタヌキをつくろう!
・シーサーをつくろう!
・光と影のかたち、ランプシェードをつくろう!
・植木鉢をつくろう!
・音が出るやきもの、土鈴をつくろう!
・陶芸の巨匠に学んで器をつくろう!
・縄文土器をつくろう!
・器に上絵の転写紙でデザインしよう
・物語絵皿をつくろう!(パステルあるいは下絵具使用)
・廃ガラスを使って、作品をつくろう!
・野焼きで完成!
・お茶会のための茶碗づくり

対象 小学生、中学生、高校生、一般
対応教科等 図画工作/美術、社会(縄文土器、はにわ、地域産業:信楽焼)、理科(野焼き〜ものを燃やす)
形態 出前授業
土曜授業
謝金等 要:制作体験(材料費・焼成費・謝金)1人あたり550円〜2,200円程度
旅費(講師・スタッフ) 不要:上記に含む。
備考 詳しくは「滋賀県立陶芸の森」ホームページをご覧ください。

◎実践例の一部を御覧ください。
PDF形式「やきもの体験つちっこプログラム!」
学校支援センターが
コーディネートした
連携授業(H29以降)
校種・学年 教科等 テーマ
令和元年度
小学校1〜6年生 行事 「やきもの体験つちっこプログラム」
分野 文化・伝統・芸術

まずは滋賀県教育委員会事務局生涯学習課“しが学校支援センター”までお問い合わせください。 
電話:077-528-4654  E-mail:ma0601@pref.shiga.lg.jp


△ ページのトップへ