本文へジャンプ 「地域の力を学校へ」推進事業
地域の人々や企業・団体・NPO等が、学校を支援する仕組みづくりを推進!
しが学校支援センター
TEL 077-528-4654
FAX 077-528-4962
「地域の力を学校へ」推進事業ホーム「学校支援メニュー」一覧学校支援の実践例しが学校支援センター学校支援メニューフェア動画登録をお考えの方へ


「地域の力を学校へ」推進事業 『「学校支援メニュー」一覧』

更新日:2015年3月19日
機関・施設・団体名 国土交通省近畿運輸局
テーマ バリアフリー学習
対応できる主な内容  誰もが安心・快適に暮らせるバリアフリー社会実現のための取り組みやその内容を学習します。「どこでも、だれでも、自由に、使いやすく」というユニバーサルデザインの考え方に基づき、高齢者や障がい者の方々など誰もが使いやすい公共交通や建物等を整備していく取り組みが進められています。また、高齢者や障がい者の方々への理解を深める「心のバリアフリー」を進める取り組みも併せて行われています。
 この取り組みの基本となるのが「バリアフリー法」です。バリアフリーな街作りを推進する「バリアフリー法」の概要について学習するとともに、バリアフリーに関する「近畿地方」の現状や課題についても説明します。
対象 中学生、高校生、一般
対応教科等 社会、生活
形態 出前授業
土曜授業 不可
謝金等 不要
旅費(講師・スタッフ) 要:交通費のみ 応相談
備考 「国土交通省近畿運輸局」ホームページもご覧ください。

◎実践例の一部を御覧ください。
PDF形式 「バリアフリー学習〜心のバリアフリーを目指して〜」
学校支援センターが
コーディネートした
連携授業(H29以降)
校種・学年 教科等 テーマ
平成30年度
小学校全学年 人権学習 「バリアフリー学習」
平成29年度
中学校1年生 総合的な学習の時間 「バリアフリ−教室」
小学校3年生 総合的な学習の時間 「バリアフリ−教室」
分野 福祉・人権・国際理解

まずは滋賀県教育委員会事務局生涯学習課“しが学校支援センター”までお問い合わせください。 
電話:077-528-4654  E-mail:ma0601@pref.shiga.lg.jp


△ ページのトップへ