本文へジャンプ 「地域の力を学校へ」推進事業
地域の人々や企業・団体・NPO等が、学校を支援する仕組みづくりを推進!
しが学校支援センター
TEL 077-528-4654
FAX 077-528-4962
「地域の力を学校へ」推進事業ホーム「学校支援メニュー」一覧学校支援の実践例しが学校支援センター学校支援メニューフェア動画登録をお考えの方へ


「地域の力を学校へ」推進事業 『「学校支援メニュー」一覧』

更新日:2018年3月12日
機関・施設・団体名 循環型社会創造研究所えこら
テーマ 自然体験活動、ネイチャーゲーム
対応できる主な内容 ネイチャーゲームやPA(プロジェクトアドベンチャー)を通し、自然の大切さや私たちとの関係を学べる上、仲良く、信頼関係が深まる学習です。間伐材でマイ箸作りも可能です。
対象 小学生、中学生、高校生、一般
対応教科等 総合的な学習の時間、特別活動
形態 見学/校外学習
土曜授業
謝金等 応相談
旅費(講師・スタッフ) 実費(場合によっては不要)
備考 講師は、滋賀県自然体験活動指導者養成事業、しが心の冒険プログラムSMAP研修 修了。自然体験ができる場所はどこの公園や森でも可能ですが、栗東の自然観察の森や彦根の荒神山公園、高島のびわ湖青少年の家をよく使っています。
詳しくは「循環型社会創造研究所えこら」ホームページをご覧ください。

◎実践例の一部を御覧ください。
PDF形式 「SMAP活動 in 朽木中学校」
学校支援センターが
コーディネートした
連携授業(H29以降)
校種・学年 教科等 テーマ
平成29年度
中学校全学年 総合的な学習の時間 「自然体験活動・ネイチャーゲーム」
分野 スポーツ・運動・自然体験

まずは滋賀県教育委員会事務局生涯学習課“しが学校支援センター”までお問い合わせください。 
電話:077-528-4654  E-mail:ma0601@pref.shiga.lg.jp


△ ページのトップへ