本文へジャンプ 「地域の力を学校へ」推進事業
地域の人々や企業・団体・NPO等が、学校を支援する仕組みづくりを推進!
しが学校支援センター
TEL 077-528-4654
FAX 077-528-4962
「地域の力を学校へ」推進事業ホーム「学校支援メニュー」一覧学校支援の実践例しが学校支援センター学校支援メニューフェア動画登録をお考えの方へ


「地域の力を学校へ」推進事業 『「学校支援メニュー」一覧』

更新日:2020年2月12日
機関・施設・団体名 循環型社会創造研究所えこら
テーマ 3R(リデュース、リユース、リサイクル)を体験しよう
対応できる主な内容 〈1〉長期的な分別体験→資源ごみ収集活動(皆さんに収集していただいた資源物を回収・リサイクルし、収益の一部を「マザーレイク滋賀応援基金」および「びわ湖の日基金」へ寄付し、びわ湖の環境保全に役立てる。)→資源ごみに関する価値観が変わり、地域のために活動できる。
〈2〉リユース体験(油でキャンドル作りワークショップ、ダンボールや包装紙、ペットボトル等でクリスマスオーナメント作り など)
対象 小学生、中学生、高校生、一般
対応教科等 社会、生活、総合的な学習の時間、特別活動 など
形態 出前授業
土曜授業
謝金等 〈1〉の内容については、謝金等不要
〈2〉の内容については、謝金等応相談。材料費も必要です。
旅費(講師・スタッフ) 不要
備考 回収できる資源物は、缶、プルトップ、紙、段ボール、廃てんぷら油のどれかです。
詳しくは「循環型社会創造研究所えこら」ホームページをご覧ください。
学校支援センターが
コーディネートした
連携授業(H29以降)
校種・学年 教科等 テーマ
平成29年度
小学校4年生 総合的な学習の時間 「3R(リデュース、リユース、リサイクル)を体験しよう」
分野 自然・環境

まずは滋賀県教育委員会事務局生涯学習課“しが学校支援センター”までお問い合わせください。 
電話:077-528-4654  E-mail:ma0601@pref.shiga.lg.jp


△ ページのトップへ